2021年6月14日月曜日

RESTEX山梨支店に展示機導入

 

レステックス提案の 『協働ロボット一体型システム』

この度、レステックス山梨支店(山梨県甲斐市玉川19-8)に 2機種を導入しました。

 

   カメラを標準搭載し操作が容易な

             OMRON-TMシリーズ搭載の『TM-REX5900

    信頼性・耐久性とサポート体制の充実した

             FANUCCRXシリーズ搭載の『FC-REX10L』 


 標準昇降架台に、電動2爪グリッパ標準ハンドを搭載し「ひとまず」体験頂けます。

近日、セーフティレーザースキャナもセットアップし動作体験できるよう準備します。

 

レステックス本店(未来のひろば)同様に、基本・応用操作・受託などに対応するほか、

産業用ロボット特別教育(教示/検査)』の『実技』を上記2機種で行います。



講師は、山梨支店長(セーフティサブアセッサ/特別教育インストラクタコース受講)

が担当します!!。

          『体験して学ぶ』

                是非、御活用・導入御検討頂けますと幸いです。

 

2021年5月19日水曜日

協働ロボ パッケージ構成

 

FANUC製、TechmanRobot製、OMRON製 ほか

協働ロボットを搭載したパッケージ開発。

 今回はパッケージ構成を御紹介します。

 


『想定して準備する』 主な内訳は

 

・手動ジャッキアップ / アウトリガ伸長式の標準架台

・電動のエンドエフェクタ(2爪グリッパ or 吸着)

・手動式ツールチェンジャ一式 および ツールフランジ予備1つ

・セーフティレーザースキャナ(セットアップ済)

※搭載メーカーは画像と異なる場合が御座います

 

レステックスは、産業用ロボットを活用した製造設備の設計構築が得意事業です。

しかし、効果効用を得る設備をゼロから設計するため、時間も費用も掛かります。

 

そこで、まず導入してから最適化を図れるよう必要最低限のパッケージ構成とした

『高機能電動工具』として購入運用頂けるよう『協働ロボット一体型システム』を

考案しました。

 

架台やハンドの機器を同梱するだけではなく、ロボットの初期設定や安全機器の

パラメータ設定など、必要と思われる『作業』を済ませて納入します。

 

届いたその日に100Vコンセントを接続し、デモ動作を見る!!という事が可能です。

 

もちろん、『3爪空圧グリッパがイイ』などのカスタマイズにもお応えします。

是非、展示機で体験頂き導入検討下さいませ!

2021年5月1日土曜日

標準架台にCRX搭載

 

FANUC製、新協働ロボットCRXを搭載したパッケージ開発。

 

今回はシュマルツ製 ECBPMiロボセットを装着しました。

前回に引き続き、簡単移動後の動作再現性を確保するためにプログラムを

工夫しています。

 


『工夫して制御する』

 

レステックスでは、座標系の登録を巧みに利用して、動作開始前の位置補正を

数分行うだけで位置情報を一括補正できるよう、事前にプログラムを登録して

出荷する方針としました。(事前登録アプリと呼んでいます)

 

架台やハンドの組付け構築だけでは、CRXは便利に利用できないと考えました。

現在も検討段階ですが、位置補正用交換ハンドを評価実施しています。

 


是非、展示機で体験頂き導入検討頂ければと思います。

前回のYoutube動画と併せて、ご覧下さい


RESTEX-実績youtube

https://www.youtube.com/channel/UCkb0Y_byTdsMa25TdSvVynA/videos

2021年3月3日水曜日

CRX搭載、FC-REX

 FANUC製、新協働ロボットCRXを搭載した 新パッケージ開発。

 


TM-REXはカメラ標準搭載のため、画像認識位置決め(ランドマーク利用)

移動後の作業再現が非常に簡単でした。

 

今回のFANUCCRXにはカメラが搭載されていません。

しかし、移動後に簡単に作業再現ができなければ、可動架台は意味がありません。

 

そこで、『工夫して制御する』

 

レステックスでは、座標系の登録を巧みに利用して、動作開始前の位置補正を

数分行うだけで位置情報を一括補正できるよう、事前にプログラムを登録して

出荷する方針としました。(事前登録アプリと呼んでいます)

 

架台やハンドの組付け構築だけでは、CRXは便利に利用できないと考えました。

春頃には本格的に、位置補正用交換ハンドを付属して販売を実施致します。

 


是非、展示機で体験頂ければと思います。

緊急事態宣言があけた頃に、、、、♪

2021年1月29日金曜日

TMロボット繰返し精度は!?

 

外出自粛環境を活用し、ロボットの能力を掘り下げている、今日この頃です。

 

よく「ロボットの精度はどのくらいですか?」と聞かれますが、

どのような回答を期待されているのでしょうか―・・・。

 

カタログスペックでは、繰返し精度±0.05mmと記載あり

そのまま答えますと、、、「ふ~ぅん・・・」となります。

 

そこで、「体験して評価する」

レステックスではよくある風景です。

 


位置決め制御で、Visionを使わず

シャープペンシル0.5mm芯に、ペン先を挿してみる。

    しかも、離れた2か所で、、、。

テーブル()と ロボット(pen)は連結固定しませんでした。

ロボット架台の下は絨毯床となり、「悪条件」での評価です。

 

結果は、、、、♪(動画-音が出ます御注意ください)。

 


必ずしも絶対保証となる精度とは言い切れませんが

導入各社でアプリケーションを工夫し、自社ノウハウとして成果を出し

他社と差別化する。

 

そんな、強い日本製造業を応援したいと考えます。

 

※シャープペンシル芯先

 芯径0.55-0.58mm、ペン先径0.63mm、穴差0.050.08mm

 「未来のひろば」所員による調べ(JIS